前立腺肥大症の予防をする方法

前立腺は男性ホルモンに関わる器官です。男性更年期で、デヒドロテストステロンの男性ホルモンの動作をする成分がなくなることで、前立腺の一部が増殖する事で尿の出が悪くなります。男性ホルモンが低下して性交渉などの刺激がなくなると肥大する可能性が高くなります。

ノコギリヤシは欧米を中心に古くから尿漏れ・脱毛症などに薬効がある植物として知られています。特にヨーロッパでは尿漏れの治療薬としてノコギリヤシの実を抽出した成分を医薬品に加工し、医師が処方しています。

ノコギリヤシの実に豊富に含まれるオクタコサノール、ステロールの脂溶性成分などの成分は前立腺肥大に関わる5αリゼクターゼという酵素の分泌を抑え、さらに同時に前立腺の機能を正常に保ちます

ノコギリヤシの実は日本では特にサプリメントに加工されており、通信販売などで購入することができます。尿漏れ・残尿感・頻尿などの諸症状は前立腺肥大症によるものであることが多いですが、ノコギリヤシに含まれる成分はこうした症状を原因から改善することができます。

治療やサプリメントも必要となりますが、月に何回かでも刺激を与えるようにすることで予防にもつながります。

ペポカボチャは日本ではあまり知られていませんが、ヨーロッパなどでは古くから食用としてもてはやされています。

kabo

一般的な丸いカボチャではなく、細長い瓜のような形が特徴で、キュウリやズッキーニの仲間です。ペポカボチャの種子は、非常に栄養価が高く良質なタンパク質が含まれています

また、その他にもβカロチン、 トコフェロール、セレン、植物ステロール、リノール酸、リグナンなどが豊富に含まれており、これらの成分は尿漏れ・頻尿・残尿感などの症状を改善する効果があります。

この効用は古くから知られており、特に薬用植物の研究が盛んなドイツでは尿漏れ・頻尿の治療薬としてペポカボチャの種子の成分を抽出した医薬品が処方されています。

前立腺肥大を予防するには、適度な運動と刺激、改善に良い成分の摂取が大切です。

カテゴリー: 前立腺肥大 パーマリンク